読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

raspberry pi に tracをインストールしてみた

 

Raspberry piにtracをインストールしてみた

 

基本、土日しか開発作業しないので、先週何やったっけをまとめるために、tracをインストールしてみた。

 

redmineでも良かったのだが、

  1. redmineは業務で使っている → 同じもの使っても面白くない!
  2. Pythonで動くので、Raspberry pi と相性良さそう
  3. redmineより軽い(というより早く使える?)
  4. 設定がコマンドラインベース(RedmineはWebページで完結する)

という印象を持ったので(つまり根拠なし)、試しに使いたくなった。

 

 

○ とりあえずインストール

 

先駆者が居たが(↓URL)、apt-get できるならこっちの方が手軽かと思った。

http://technicaldoc.blogspot.jp/2013/02/setup-trac-on-raspberry-pi-as-wiki-and.html

 

versionは0.12で、現状の最新(1.0)に比べると古い。LTSはまだ0.12のようだから、まあ良いだろう。

 

apt-get install trac

apt-get install trac-ja-resource

apt-get install git

 

 

○ 初期設定の前に

 

1) piユーザや、rootユーザでレポジトリ作るのはどうかと思ったので、tracユーザを作ってみる

 

adduser trac

 

○ 初期設定

 

参考 → http://qiita.com/tukiyo/items/bf10125e55ffdfa499de

 

 

1) プロジェクト作成

 

cd /home/trac

mkdir tracDir

cd tracDir

trac-admin . initenv

 

すると、何やら入力を要求される。

シェルかな、と思ってつい"ls"コマンドしたら、「lsってDB作ったよ!」と言われた。

初めだし別に良いかと思ってそのまま進める。

 

2) 日本語化

 

cd conf

vim trac.ini

 

下記の部分を変更(templateディレクトリを変更)

 

[inherit]

plugins_dir =

templates_dir =

 

[inherit]

plugins_dir =

templates_dir = /user/share/trac-ja-resource/trac/templates

 

cd ../

trac-admin . wiki load /usr/share/trac-ja-resource/trac/wiki/default-pages/

 

○ サーバーの起動

 

apacheと連携させようかと思ったが、個人的に使うだけだし、

ホームネットワークで完結させるし別に良いかと思い、素のtracを起動する。

 

cd

tracd -p 18080 tracDir

 

http://{raspberry pi の IP Address}:18080 にアクセス

"ls"プロジェクトが表示されました。

 

 

4) ちょっと触ってみて

 

まあ、やっぱり重いです。