読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外部ファイルとパラメータ

環境によって処理が変わる場合、

その分岐として使用するパラメータを、

外部ファイル(xmlなど)にして、使用する環境別に置き換えるようにするべきか、

同じく外部ファイルにして、内部に環境ごとのパラメータを持たせるべきか。

 

外部ファイルにすると、ファイルを差し替えるだけで別環境への対応が簡単にできる。

ただし、環境ごとにファイルが必要になるし、差し替える、という別プロセスの動作が必要になる。

内部に持たせると、一ヶ所で管理でき、同じプロセス内で対応が完結する。

ただし、特定の環境パラメータを解析する、という処理の実装が必要になる。

 

この両方の良いとこどりをした考え方はないものか。