jenkins plugin のインストール数ランキング作ってみた

URL

http://yasuhiroki.github.io/jenking/

 

仕組み

世に出ている jenkins plugin のインストール数は json 形式でネット上に保存さている。

その json をかき集めて、ただ表にまとめただけ。

json は月一でしか更新されないので、私が手元のPCで集計したものを github に Upしている。

なのでJenkins公式HPに負荷が掛かるわけではないので、怒られないはず。たぶん。

 

今後

そもそも、こういうものはいずれ作る予定、ってどこかの資料に書いてあった気がするので、そんなに作りこむ予定はないです。

raspberry pi に tracをインストールしてみた

 

Raspberry piにtracをインストールしてみた

 

基本、土日しか開発作業しないので、先週何やったっけをまとめるために、tracをインストールしてみた。

 

redmineでも良かったのだが、

  1. redmineは業務で使っている → 同じもの使っても面白くない!
  2. Pythonで動くので、Raspberry pi と相性良さそう
  3. redmineより軽い(というより早く使える?)
  4. 設定がコマンドラインベース(RedmineはWebページで完結する)

という印象を持ったので(つまり根拠なし)、試しに使いたくなった。

 

 

○ とりあえずインストール

 

先駆者が居たが(↓URL)、apt-get できるならこっちの方が手軽かと思った。

http://technicaldoc.blogspot.jp/2013/02/setup-trac-on-raspberry-pi-as-wiki-and.html

 

versionは0.12で、現状の最新(1.0)に比べると古い。LTSはまだ0.12のようだから、まあ良いだろう。

 

apt-get install trac

apt-get install trac-ja-resource

apt-get install git

 

 

○ 初期設定の前に

 

1) piユーザや、rootユーザでレポジトリ作るのはどうかと思ったので、tracユーザを作ってみる

 

adduser trac

 

○ 初期設定

 

参考 → http://qiita.com/tukiyo/items/bf10125e55ffdfa499de

 

 

1) プロジェクト作成

 

cd /home/trac

mkdir tracDir

cd tracDir

trac-admin . initenv

 

すると、何やら入力を要求される。

シェルかな、と思ってつい"ls"コマンドしたら、「lsってDB作ったよ!」と言われた。

初めだし別に良いかと思ってそのまま進める。

 

2) 日本語化

 

cd conf

vim trac.ini

 

下記の部分を変更(templateディレクトリを変更)

 

[inherit]

plugins_dir =

templates_dir =

 

[inherit]

plugins_dir =

templates_dir = /user/share/trac-ja-resource/trac/templates

 

cd ../

trac-admin . wiki load /usr/share/trac-ja-resource/trac/wiki/default-pages/

 

○ サーバーの起動

 

apacheと連携させようかと思ったが、個人的に使うだけだし、

ホームネットワークで完結させるし別に良いかと思い、素のtracを起動する。

 

cd

tracd -p 18080 tracDir

 

http://{raspberry pi の IP Address}:18080 にアクセス

"ls"プロジェクトが表示されました。

 

 

4) ちょっと触ってみて

 

まあ、やっぱり重いです。

 

jenkinsのデバッグをやってみた

基本的には、wikiを踏襲

https://wiki.jenkins-ci.org/display/JA/Building+Jenkins

 

こっちも参考に

http://www.slideshare.net/wadatka/jekins

 

ただし最新の情報は基本的にこっち

https://wiki.jenkins-ci.org/display/JENKINS/Plugin+tutorial

 

流れとしては、

1)jenkins を git clone

2)コンパイル

mvn package

3)プラグインの生成

mvn org.jenkins-ci.tools:maven-hpi-plugin:1.96:create 

4)Eclipse用プロジェクトファイル生成

mvn -DdownloadSources=true eclipse:eclipse

5)Eclipseにインポート

6)環境変数の設定

 

export MAVEN_OPTS="-Xdebug -Xrunjdwp:transport=dt_socket,server=y,address=8000,suspend=n"

7)生成したプラグインのディレクトリへ行ってjenkinsの起動

  tomcatと被るのでポートを10080に変更

mvn hpi:run -Djetty.port=10080

8)eclipseのDebug設定

9)起動したjenkinsに移動

localhost+10080/jenkins

 

 

試行錯誤しなからやったので、抜けている項目があるかも。

jenkinsプラグインを作る

jenkinsのプラグインを作ろうとしたが、

mvn hpi:create で作ると、作られるスケルトンのパッケージ名に問題があり、mvn packag時にエラーが出る。

具体的には、パッケージ名に「null」が含まれてしまう。

ググったら同じ症状の人が居て、回答もあったのでメモ。

http://jenkins-ci.361315.n4.nabble.com/mvn-hpi-create-adding-null-to-package-name-td4650475.html

 

【解決方法】

mvn hpi:create

 ↓

mvn org.jenkins-ci.tools:maven-hpi-plugin:1.96:create 

 

まあ、あくまでスケルトンなので、後で自分でうまく修正しなさいよ、ってことかもしれない。

外部ファイルとパラメータ

環境によって処理が変わる場合、

その分岐として使用するパラメータを、

外部ファイル(xmlなど)にして、使用する環境別に置き換えるようにするべきか、

同じく外部ファイルにして、内部に環境ごとのパラメータを持たせるべきか。

 

外部ファイルにすると、ファイルを差し替えるだけで別環境への対応が簡単にできる。

ただし、環境ごとにファイルが必要になるし、差し替える、という別プロセスの動作が必要になる。

内部に持たせると、一ヶ所で管理でき、同じプロセス内で対応が完結する。

ただし、特定の環境パラメータを解析する、という処理の実装が必要になる。

 

この両方の良いとこどりをした考え方はないものか。

jenkinsをgithubから取ってきてmavenでコンパイルした時のメモ

深夜のテンションで深く考えずやってたら、思いの外手間取ったのでメモ。

1).m2/settings.xml を忘れずに(忘れてたわー

 # wikiのプラグインチュートリアルページ参照

 mavenのセントラルリポジトリにないjarを取ってくるために必要

2)java7じゃないとだめ

 素のUbuntuに入ってたjava-6-openjdk-i386を使っていたら、maven install できなんだ

 # どういうエラーだったか控えてない...

 apt-get install openjdk-6-jdk をすればうまくい...かない

 # コンパイルエラー発生

 apt-get install openjdk-7-jdk でようやく解決